眠りの質が良くなる睡眠サプリメントランキングBEST5特集

良質な睡眠のために睡眠サプリトでサポート

 

こんにちは、中島です。

 

このページでは、睡眠サプリの働きや使い方などを紹介しています。

 

当サイトが調べてお勧めできるサプリメントもご紹介しているので参考にして下さい。


睡眠が浅かったり睡眠の質が悪い、中には、入眠まで時間がかなりかかってしまうなど色々な悩みがあると思います。

 

病院に行って相談するまでではないけど気になるという方のために睡眠サプリメントを利用してみるのがいい思います。

 

初めに確認しておきたいのが、睡眠サプリは薬ではないので効果・効能があるわけではありません。中には、機能性表示がされていて機能性があると判断できる物もあるので色々な商品を見てみるのがいいと思います。

 

【目次】

1. 睡眠サプリとは?
 1.1 睡眠サプリは良質な睡眠をサポートする 
 1.2 こんな人に睡眠サプリメントはお勧め
 1.3 睡眠サプリは睡眠薬ではない
2. 睡眠サプリメントの選び方とは?
 2.1 含まれている成分をしっかりと把握する  
 2.2 長期的に続けられる価格なのか?
 2.3 目的に合わせて選ぶサプリメントが変わる
3. 睡眠サプリランキングBEST5特集
 3.1 第1位 グッドナイト27000 総合力No.1
 3.2 第2位 ネムリス(定番の睡眠サプリ)
 3.3 第3位 潤睡ハーブ アミノ酸バランスが最高
 3.4 第4位 シンデレラスリープ 女性にお勧め
 3.5 第5位 爽眠α(機能性表示食品)
 3.6 PICK UP商品 マインドガードDX
4. 睡眠の質を悪くさせる3つの行動

 4.1 寝る前のスマホは絶対にNG  
 4.2 夜のタバコとカフェインの摂取は注意
 4.3 アルコールなどの寝酒が睡眠の質が下がる

睡眠サプリとは?


睡眠サプリは良質な睡眠をサポートする

睡眠サプリメントは、健康補助食品で薬ではありません。あくまでも、良質な睡眠をサポートするためのサプリメントです。

 

睡眠サプリには、睡眠の質を高める働きがある成分が多く含まれています。代表的な物にトリプトファンやグリシン、L-テアニン、GABAなどが配合されている事が多いです。

 

また、睡眠に関しては精神的な面も多くあるため、サプリメントなんで飲んでも意味がないと思わずに効果があると思い込む事が大切です。

 

プラシーボ効果で数値が変わるので睡眠の悩みが改善されるといいですね。つまり、睡眠サプリでなくても睡眠の悩みが改善されるきっかけになる物であればいいと思います。

こんな人に睡眠サプリメントはお勧め

睡眠サプリメントには、色々な種類がありますが、睡眠の質に悩みを抱えている人にお勧めです。深刻な状況であれば病院に行って相談した方が良いです。

 

寝たのに昨日の疲れが残っていたり、スッキリ起きる事ができない、なんだか眠りが浅いような感じであれば睡眠サプリを使ってみるのがいいと思います。

 

睡眠サプリを飲む事で改善できるかもしれません。もちろん、睡眠サプリ意外にも睡眠の質を悪くするNG行動があるのでそれは控える事!

 

また、睡眠の質を高める方法もあるのでそれと合わせて睡眠サプリメントを使うのが最も効果的ではないかと思います。

睡眠サプリは睡眠薬ではない

睡眠サプリは、健康補助食品で薬ではありません。睡眠薬のように効果・効能があるわけではありません。あくまでも、サポートという面でサプリメントを摂取している事を忘れてはいけません。

 

睡眠薬を使いすぎるのはよくないと言う人もいるようです。そのため、サプリメントが良いという人がいますが、睡眠薬が本当に必要な人もいるので否定的な意見に惑わされない様にしましょう。

 

睡眠薬を利用するときは、自分の判断で量を決めるのではなく主治医を相談して上手に付き合っていく事が大切です。薬などの情報は、ネットではなくしっかりと医師と相談する事をお勧めします。

睡眠サプリメントの選び方とは?


含まれている成分をしっかりと把握する

睡眠サプリメントを選ぶときは、含まれている成分と含有量が大切です。トリプトファンやグリシン、リラックス成分が含まれているののがお勧めです。

 

睡眠サプリなので休息成分が含まれていない物はダメです。トリプトファンは必須アミノ酸なので違う表記されている可能性があります。

 

グリシンは、睡眠の質を改善すると言われているので疲れがとれない方や朝スッキリ起きれない、眠りが浅い人にとってはかなり重要な成分です。

 

リラックス成分も重要で、GABAなどの成分がよく注目されます。神経を落ち着かせる働きがあるからで、ストレスやイライラなどにも期待されています。

長期的に続けられる価格なのか?

睡眠サプリは、1日だけ飲んで終わりでは意味がありません。長期的に摂取して成分を摂る事が大切です。薬ではないのですぐに効果が出る物ではありません。

 

長期的に摂取する事で、足りなかった成分が補われて改善される可能性があるという事です。そのため、最低でも3ヶ月の服用は必要になります。

 

睡眠サプリは、決して安い値段ではありません。だから、長期的に続けられるかしっかり考えてから選ぶようにしましょう。

 

また、無理して購入する必要もありません。経済的に余裕があるのであれば一度試してみるのが良いですし、悩みが深いのであれば飲んでみると良いと思います。

目的に合わせて選ぶサプリメントが変わる

睡眠サプリにも色々と種類があります。睡眠サプリ商品は、40種類程度あり選ぶのが大変です。配合されている成分も色々と違います。

 

例えば、ストレスでイライラして睡眠が浅くなっている場合は、リラックス成分が多く含まれているのいいですし、原因は分からないから成分がしっかり配合されていて睡眠の質がよくなる商品が良い場合もあります。

 

女性なら生理によって睡眠の質が変わると言われています。それなら、それに対応した商品を選ぶべきです。なので、睡眠サプリを選ぶと言っても難しいんです。

 

また、類似品も多くどれを選んでいいのか?分からない人もいます。当サイトでは、サプリメントの成分など調べてランキング形式で紹介しています。参考にしてみてください。

睡眠サプリランキングBEST5特集

 

ここで、紹介する睡眠サプリランキングは、効果が高い順ではありません。ユーザー様が分かりやすいように当サイトが独自に調査してランキング形式で紹介しています。

 

睡眠サプリメントに配合されている成分や口コミ評価などを参考にしています。また、睡眠サプリでも商品によって、「こんな悩みを持っている人に使って欲しい」というのがあると思うのでどんな人にお勧めなのか紹介しています。

 

第一位の商品は、総合的に一番良かった商品を紹介していて、どれを選んだらいいのか分からなかったり、睡眠の質を改善するのサポートとして使いたいという人のために紹介しています。どうぞ、当サイトを参考にしてみてください。

 

第1位

▼グッドナイト27000 公式サイトはこちら▼

コース 初回料金 2回目以降 容量
初回価格 6,000円+送料 × 1袋
定期コース 990円 4,800円 約1ヶ月分

※定期購入は3ヶ月の継続条件があります。

グッドナイト27000の総評

グッドナイト27000は、専門家の納得の睡眠サプリメントになっています。休息に良い成分が7種類がしっかり配合されているのはグッドナイトだけです。

 

また、ラウティウムという特許成分を配合されておりストレス耐性効果が期待できます。もちろん、国内産生でGMP基準認定、HACCP、有機JAS認定と安全です。放射能検査やカフェインも検出されていません。

 

口コミ評価が高いだけでなくモンドセレクションで金賞も受賞していますし、値段も安くはありませんが、続けられる値段だと思います。

 

※グッドナイト27000の主成分

ラクティウム、テアニン、GABA、グリシン、ラフマ、トリプトファン、カモミール

▼ネムリス 公式サイトはこちら▼

コース 初回料金 2回目以降 容量
お試し10日間 1,890円 × 1袋
30日分コース 5,670円 4,800円 約1ヶ月分

※初回限定お一人様1回限り3個まで

ネムリスの総評

ネムリスは、グッドナイト27000と同じくらい豊富に休息成分が含まれている睡眠サプリです。快眠サプリとしてかなり有名な商品です。

 

休息成分だけでなくビタミン類も配合されておりグリシンやトリプトファンと一緒に摂取する事でより吸収力を高める事が出来るので重要だと言われています。

 

また、筑波大教授がネムリスを飲んで脳波を測定して深いリラックス状態に入って休息出来た事が確認されています。信頼出来る睡眠サプリメントになっています。

 

※ネムリスの主成分

ラフマ、グリシン、GABA、トリプトファン、テアニン、クワンソウ、メリッサキエキス、月見草、ビタミン類

▼潤睡ハーブ 公式サイトはこちら▼

コース 初回料金 2回目以降 容量
定価 5,980円 × 1袋
定期コース 1,980円 3,990円 約1ヶ月分

※10日間の安心返金保証

潤睡ハーブの総評

潤睡ハーブは、アミノ酸が豊富に含まれているクロレラが含まれており必須アミノ酸9種類全てが含まれている良質なアミノ酸です。

 

必須アミノ酸はどれか1つでも欠けると働きが半減してしまうのでトリプトファンだけでを摂取しても意味がありません。バリン、リジン、ロイシンなどの必須アミノ酸をバランスよくとる事が大切です。

 

特に、イライラで睡眠の質が悪くなっている人は必須アミノ酸が不足しているのかもしれません。また、寒さが睡眠を悪くしているかもしれません。

 

だから、潤睡ハーブには、寒さ対策としてポカポカ成分である金時しょうがが含まれています。体の芯からしっかり温める事が出来ます。

 

※潤睡ハーブの主成分

必須アミノ酸(クロレラ)、GABA、ラフマエキス、クワンソウ、金時しょうが

▼シンデレラスリープ 公式サイトはこちら▼

コース 初回料金 2回目以降 容量
定価 7,560円+送料300円 × 1袋
定期コース 1,980円 4,980円 約1ヶ月分

※180日間の安心返金保証
※定期コースの継続条件はありません

シンデレラスリープの総評

シンデレラスリープは、女性の生理のリズムをしっかりと整えて睡眠を改善するための成分が含まれています。そのため、男性にはお勧めできません。

 

20代後半から眠りの悩みを抱えている方も多いようですが、35歳を過ぎてから悩む方が多いようです。睡眠と女性ホルモンは密接な関わりがあります。エストロゲンとプロゲステロンのバランスをしっかり整える事が大切です。

 

定期コースは、特に継続条件がない上に180日間の返金保証が付いているので安心して購入する事が出来ます。

 

※シンデレラスリープの主成分

イソフラボン、チェストツリー、レッドクローバー、カモミール、クワンソウ、テアニン、グリシン、トリプトファン、GABA

▼爽眠α 公式サイトはこちら▼

コース 初回料金 2回目以降 容量
定価 7,500円 × 1袋
定期コース 1,950円 5,250円 約1ヶ月分

※定期コースの継続条件はありません

爽眠αの総評

爽眠αは、機能性表示食品で消費者庁に受理されている商品です。本商品には、L-テアニンが含まれているので起床時の疲労感や眠気を軽減する事が報告されています。

 

L-テアニンを摂取する事で中途覚醒時間が減少したり、睡眠時間の延長感、起床時の疲労感が軽減するなどのデータが出ています。

 

他の睡眠サプリにもL-テアニンは含まれていますが、機能性表示食品のサプリメントが良いのであれば、こちらがお勧めです。

 

※爽眠αの主成分

L-テアニン、GABA、クワンソウ、ビタミン類

 

▼マインドガードDX 公式サイトはこちら▼

コース 通常料金 特別割引 容量
定価 8,625円 6,810円 1本500ml

マインドガードDXの総評

マインドガードDXは、サプリメントではなくドリンクタイプで寝る前に一杯飲むだけです。カプセルが苦手な方はこちらがお勧めです。また、サプリメントと併用してもいいと思います。

 

ドリンクタイプでも配合されている成分は、ほとんどの同じですので安心してください。むしろ、色々な飲み方が出来て楽しいかもしれません。

 

ドリンクタイプは、一般的なタブレットタイプよりも吸収力が違います。体内吸収力は、約250%も差があります。サプリは分子が大きいので吸収されずに排出してしまうからです。ただ、どのサプリメントと比べてかが分からないのでそこまで気にする必要はないのかなと思います。

 

※マインドガードDXの主成分

天然ノニ、グリシン、ポリゲノール、香酢、トリプトファン、イヌリン、GABA、クワンソウエキス

睡眠の質を悪くさせる3つの行動


寝る前のスマホは絶対にNG

寝るときにスマホを見てしまいついつい時間がたってしまい睡眠時間が削られてしまいます。特に、YouTubeを見てしまうと1時間なんてあっという間に過ぎてしまいます。

 

また、寝る前は、PCやスマホを見るのを控えるべきです。それは、ブルーライトを発生しているからです。夜にブルーライトを浴びると睡眠のリズムが崩れてしまいます。

 

夜寝る直前までブルーライトを浴びているといつまでも昼の状態が引っ張られてしまい睡眠に適した状態にならないので入眠が悪くなったり睡眠の質に影響します。

 

だから、寝る前の1時間前にはスマホ・PCの利用は控えた方が無難ですし、布団に持ち込んでスマホを操作しながら寝るのはダメです。

夜のタバコとカフェインの摂取は注意

タバコやカフェインなどの嗜好品の摂取は注意が必要です。取っているときは、精神的に安定するのですが、夜にとるのは注意が必要です。

 

タバコを吸うと覚醒作用が1時間くらい続きます。就寝前1時間は吸わないようにしましょう。タバコの本数が多い人は、不眠の割合が多く非喫煙者と比べても睡眠が浅くなってしまいます。

 

コーヒーのカフェインはタバコよりも長く覚醒時間が約4時間かかります。コーヒーだけでなく緑茶や紅茶、栄養ドリンク、ココアにも含まれているので飲むときは注意が必要です。

 

冷たい飲み物の場合は、体内でゆっくりと吸収されるので、作用時間が長くなります。寝る前の4時間よりも早く飲む必要があります。

アルコールなどの寝酒が睡眠の質が下がる

眠れないからお酒を飲む習慣がある人は注意が必要です。本当に眠れないときに軽く飲むぐらいならたまになら寝酒は大きく助かる事もあります。

 

ですが、アルコールの摂取量が多くなってしまうとアルコールが分解される睡眠後半に交感神経が優位になってしまい眠りが中断されて疲れがとれません。

 

お酒の影響で、昼間の眠気や疲労感が強くなってしまって仕事に集中できなかたりと良い事がありません。お勧めは、ノンアルコールビールです。